アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
手で本を開く

手持ちの漫画などをスキャナーで電子化してくれるサービスを自炊代行と呼びますが、密かに人気を集めるサービスでもあります。
もちろん、スキャナーが自宅にあれば自分でも行える作業ではあるのですが、漫画などの本の数が膨大であれば、その手間はかなりのものとなります。
また、その自炊を行うということは、そもそも大量の漫画などを抱えて置き場に困っていたり、管理に手をかけられなくなったりする人が行うものですから、できればその手間を省きたいと思うものになります。
そんな時にこの自炊代行サービスは有難いものになるわけです。

しかも、もともと専門に行う業者がいたのですが、そこに印刷関係の会社も参入することになった経緯があり、自炊代行の料金も手頃なものになってきています。
しかも、印刷関係の会社であれば高機能なスキャナーをもともと有しているために、高品質な形で電子化してくれます。
やはり漫画となればその画質にはこだわりたいたところですから、これも嬉しいものです。
自宅で自分で行うとなると、そこまで高品質のスキャナーを持つことはなかなかできませんから、品質においては段違いなものとなるわけです。
しかも多くの会社がこの自炊代行を行うために、料金の低額化が進み、大量に注文する人にとっては非常に助かるものです。
高品質で低料金となれば、誰でも利用したくなるということから、人気を集めるサービスとなったわけです。
もちろん、単にデータ化するだけではなく、必要となればオンデマンド出力が可能とあって、再び本の形にしたい時にも利用できる利点もあるのです。

漫画などをタブレットやスマートフォンで読む為にスキャナーで取り込んで単行本の形式のものを裁断機などで切ってスキャナーで読み込ませる行為を自炊と言って、電子書籍化されている本などを購入する行為が出来ない本などはこの様なスタイルでなければタブレットやスマートフォンで読書する事が出来ません。
この様なスタイルで漫画をスキャナーで取り込んでくれる業者があり自炊代行と言って自炊を代わりに行ってくれる業者で対価を頂きその分で漫画をスキャナーで取り込む作業を行ないます。
この自炊代行事態の行為は電子書籍業界にとってもあまり好まれて居ませんが、今の日本の著作権などがうるさい作家の事を考えると、どうしてもこの様な自炊代行の仕事も増えて来るのかも知れません。
漫画をスキャナーで取り込む為にまずは裁断してペーパーを一枚一枚スキャナーで取り込みやすくします。

こうした事を行って自炊代行の仕事としてしっかりと対価をもらい商売として成り立っている状況です。
沢山の単行本をこの様な自炊で取り込む為にはやはり時間と労力がかなり必要となります。
しかしそう言った事もこの自炊代行に任せてしまえば、快適な電子書籍ライフを送る事が出来てこれからのタブレットやスマートフォンなどにファイル形式で保存出来る為、どの端末でも見る事が出来る状況となります。
そう言った商売も現在まだ規制がそこまで厳しくなくより良い電子書籍ライフを送る手立てとなっています。

古びた本

最近は電子書籍端末が安くてに入るようになり、スマートホンなどでも電子書籍が読めることがおおいことから、多くの人が液晶画面を通して本を読むことに抵抗がなくなりつつあります。
ですが未だに紙だけで発売される本もあり、また自分の持っている漫画、小説などの扱いに困っている人も多いと思います。
そこで自炊と呼ばれるスキャナーをつかって本を電子化することが流行りだしています。
紙の本をより気軽に楽しむには電子化が一番ではないでしょうか。
ですが漫画などをいちいちスキャナーで取り込み、画質を確認し、一枚一枚タイトルをつけていく。
あるいはPDF化していく。これは大変な作業になります。

そこで活躍するのが自炊代行の業者です。
自炊代行の業者は基本的に格安で本の電子化をしてくれます。
やることは申し込みをし、決済を行い、持っている漫画や小説などを送付するだけ。
あとは自炊代行の業者が本を受け取り、裁断機で本を綺麗にカットし、専用の高速スキャナーでスキャンしてタイトル付けまで行ってくれます。
これで漫画や小説、その他の本の電子化ができます。
自炊代行業者によってはPDF化などのサービスも行っているとこもあります。
これなら、自分でスキャナーも裁断機も買う必要もなく、自分でやるより綺麗な状態で蔵書の電子化が可能です。
書籍のスペースも空き、データになるのでバックアップも容易です。
これを機に、蔵書の一部もしくは全部を自炊代行の業者を利用して電子化し、通勤通学や日常でより気軽に本を楽しめる生活を送ってみてはいかがでしょうか?